鳥取砂丘ジオパークセンター|砂丘の広報・ガイド・観光案内|自然・地形などの紹介|鳥取県鳥取市|

一般財団法人
自然公園財団 鳥取支部
〒689-0105
鳥取県鳥取市福部町
湯山2164-661
TEL.0857-22-0021
FAX.0857-27-9580
Google

WWW を検索
sakyu-geoparkcenter.jp を検索

 

 

虫の紹介

虫の紹介
 
ハンミョウ
 ↑カワラハンミョウ
 ↑カワラハンミョウ
 ↑エリザハンミョウ
 ↑カワラハンミョウ

 鳥取砂丘には2種類のハンミョウが生息しており、いずれもレッドデータブック掲載の貴重な生き物です。水辺を好み、砂丘内のオアシス周辺でよく見られます。暑い夏、地表から少しでも高いところにいられるよう脚はとても長いです。近づくと数メートル先で着地し、まるで道を教えてくれているようなので「ミチオシエ(道教え)」という別名もあります。
 鳥取砂丘のハンミョウの大顎は「ハッチンソンの1.3倍則」に比例しています。
    →生活様式の似た生き物同士がエサをめぐる激しい種間競争を
     起こさずに共存できる最少のサイズ差のこと 
 ・カワラハンミョウ(絶滅危惧ⅠB類に指定)
   体長15mmほどで隠ぺい色をしています。
   中国地方で見られるのは、鳥取砂丘だけといわれている種類です。
   成虫になると、砂丘のあちこちに拡散し生息しています。
 ・エリザハンミョウ
   体長10mmほどの小さな種類です。
   成虫になってもオアシス周辺にとどまって生息しています。
 
qrcode.png
http://sakyu-geoparkcenter.jp/
モバイルサイトにアクセス!
013006
<<一般財団法人 自然公園財団 鳥取支部>> 〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2164-661 TEL:0857-22-0021 FAX:0857-27-9580